ラングドックワインセット

太陽あふれるラングドック地方を感じるワインボックス。

ラングドック地方は、ピレネー山脈の麓からローヌ地方の手前まで続く、南フランスの大部分を占めるエリアです。
このラングドック地方は、フランスの中でもとても素晴らしいワイン産地のひとつとなっています。大きな理由が、気候です。ほぼ一年中暑く、乾燥した強い風がこの地方を吹き抜けるため、ブドウの大敵である真菌やカビなどがつかず、ブドウや葉が食べられてしまうのを防ぎます。病害から守られたブドウの樹は丈夫に育ち、地中深くまで根を張り、貴重な栄養素やミネラルを吸い上げぐんぐん成長していくのです。そのため栽培に手がかからず、オーガニック栽培を実現しやすいというわけなのです。

そんな特徴のある広大なラングドック地方ですが、どんなワインが生まれるのでしょうか?
ワインを選ぶ際のポイントをご紹介します。

ポイントその1:生産者に目を向けた選び方。ラングドックはさまざまなワインメーカーたちの挑戦の場となっていて、ボルドーのようにブドウ栽培・ワイン醸造に関わる厳格な規定が存在しません。そのためテロワールを生かし、個性を存分に反映させたワイン造り可能になります。無限の選択肢がある中で、生産者それぞれの想いやパッション、こだわりなど、あなたが共感できるストーリーを選ぶポイントにするのも面白いですよ。

ポイント2:ラングドックの多様性。メルローやシャルドネなどの国際品種はもちろんですが、カリニャンやルーサンヌのような土着品種が多いのもこの地方の特徴。普段、ワインに対する特定のこだわりを持っているのであれば尚更、ラングドックのワインも試してみるべきです。言い換えてみれば・・・「シラーが嫌い」「私はシャルドネしか飲まない」こんなセリフを言ったことがある方はぜひ、自分を“ラングドックプロデュース”してみてください。

自分を"ラングドックプロデュース"する方法?

簡単です。偶然ここに、あなたを"ラングドックプロデュース"できるワイン2本セットの用意があります!100%カリニャンから作られた赤ワイン、Le Blaireau/ル・ブレローは、甘みがあふれる花束のよう。また5つの美しいブドウから作られた白ワイン、Abracadabra/アブラカダブラは桃やアプリコットや白い花を思わせる味わい。楽しんでください。

ラインアップ
マス・デ・ケルヌ / ル・ブレロー
ドメーヌ・シュマン・デ・レーヴ / アブラカタブラ・白

¥6,270 (税込み)

Customer Reviews

No reviews yet
0%
(0)
0%
(0)
0%
(0)
0%
(0)
0%
(0)
購読ありがとうございます!
Japanese
Japanese