とりあえずapéroしょ?

フランスの超便利ワード“apéro(アペロ)”をご存知ですか?

“apéro”は、「夕食前に友人や家族、同僚、恋人と1杯かわす時間」のことです。

日本に置き換えると、「夕食前に一杯ひっかける」や「とりあえず一杯やっとく?」みたいな表現が最も近いかな、と思います。

この“apéro”ですが、本場フランスでは夕食前の特別な時間としてとても大切にされていて、老若男女問わず全国民から愛されている食文化のひとつといっても過言ではありません。そういうわけでフランスでは、何かにつけて「On prend l’apéro?」=「とりあえずアペロする?」という言葉をよく耳にします。

apéro は基本的に夕食前に始まり、それぞれ好きなお酒を片手に、大切な人たちとのおしゃべりの時間を楽しみます。スパークリングワインや白ワイン、ビール、もちろんジュースなどのノンアルコールアイテムでもOK!一番大切なのはその時間を楽しむということです。おしゃべり大好きなフランス人達は、時間をかけてこのapéroタイムを楽しみます。

フランスの夕食開始は21時前後と遅いので、19時頃からアペロを始めることが多いようですが、日本では17時から18時からスタートするのがいいかもしれませんね。

先ほども少し触れましたが、apéroを楽しむために最も大切なこと、それは「お酒を飲むこと」にフォーカスするのではなく、「大切な人たちとの時間」にフォーカスし、会話やその場の雰囲気を楽しむということ!これが醍醐味なので、どうぞお忘れなく。

ゆえに本場フランスでは、夕食前のapéroだけでなく、仕事後の同僚とのapéro、週末のランチ前に家族みんなが揃うapéro、夕食前のご近所さんを招いてのapéroも定番です。ちなみに家族や友人、ご近所さんとのapéroでは大人だけでなく、子供だってアップルジュースで参加しちゃいます。

またapéroをしながらみんなでご飯の準備をするのもフレンチスタイル。友達同士が集まるホームパーティーでもapéroしながら食事の準備(ゲストをもてなさなきゃ!というプレッシャー軽減)、平日の家庭でもお母さんやお父さんがご飯を作っている間、お腹を空かせた子供たちがジュースでapéro開始(ご飯を早く準備しないと!というプレッシャー軽減)などなど、使い勝手の良さも抜群。

フランスの人たちの生活に浸透していて、立派なコミュニケーションツールとなっているのもapéroの魅力です。

ここで、手軽に楽しめるフランス流apéroスタイルをご紹介します。(Guillaume、Chloé、Loïcから集めたオススメ集)

皆さんもぜひ参考にしてみてください♪ apéroの基本は持ち寄りスタイルなんだそう。
・平日のアペロは手軽に用意できるナッツ類やチップス、カットしたブレッドにチーズを添えたプレートで、とりあえず乾杯!
・週末、家族揃ってのアペロでは、午前中の買い出しから戻ったらとりあえずみんなで乾杯!市場で買ってきたオイスターと冷えた白ワインで会話もはずみます。そのままランチして夕方のアペロに流れ込み!?なんてことも!
・週末、友人やご近所さんを招いてのapéroでは、役割分担を決めてみてね。サラダ担当、キッシュ担当、デザート担当、など。アペロを始めながらサラダでとりあえず乾杯!みんなでテーブルの準備をして、ランチを始めよう

皆さまもぜひ、apéroタイムで、家族や友人・恋人との時間を楽しんでみてくださいね!

購読ありがとうございます!
Japanese
Japanese